脳下垂体腫瘍の術後の後遺症が     2回の中枢神経治療で回復する

50代女性。 

だんだんと視野がせまくなり車で左折する時、歩行者を発見しずらくなり、

眼科で検査をうける。

視神経に異常がみつかり、すぐ脳神経外科での検査を受けるよう勧められ

翌日脳神経外科で検査、3センチ大の下垂体腫瘍が視神経に被さり失明寸前の状態。

手術しても、失明の可能性もありといわれる。

術後は、視野は回復するも、目の違和感が、とれず頭の中が砂漠の様で、のどが

常にカラカラになり1日8リットルも水をのまなければならない状態が続く。

体力もどんどんおち、夕方ちかくになると微熱がでてきて、さらにだるくなる。

夜間は、毎日4回は小便に起きるので、熟睡できず当院に来院する。

私の診断は、SBSストレインと骨変性が主原因と診断、側頭骨から、小脳テントの

テンションを正常にしてから、SBSのストレインの解除と骨変性の修復を行った。

すると、施術後、頭の中の乾燥した暑さと、喉の渇きもとれてきて、

水をがぶ飲みしなくてもよくなり、微熱もなくなり、夜間の小便も減って熟睡でき 

るようになる。

施術は2回だけである。

 

黄斑変性症がその場で変化が

70代の女性、同じ眼疾患の患者さんの紹介で来院

治療前に当院の格子状の窓や、格子状の天井を見ていただき、歪み具合を確認していただいてから、私の診断で判った小脳テントの歪みとSBSのストレインを回復させたところ施術後、ほとんど歪みが回復しました。

我ながら、すごい治療法だと思いました。

椎間板ヘルニアにの術後の後遺症が治る

29歳男性、腰痛と下肢のシビレで、整形外科で検査、椎間板ヘルニアと診断され、レーザーによる手術をうける。

術後、腰痛は緩解するも、しびれは、つよくなり、下腿の外側に痛みが、新たに出現、

痛み止めを処方さら、服用するも。痛みは、いっこうにとれず、インターネットで、当院を選び、来院する。

私の診断は、小脳テントの緊張と腰部から仙部にかけて、硬膜の捻じれ。

ゆえにイニオンより、この2か所のストレインを解除していったところ。

1週間おきに、4回の施術で、腰痛、しびれ、痛みが、消失しました。

結構、絶望的になっていたので、よかったです。

網膜剥離がほぼ、回復

突然、視界に異常を感じ大学病院の眼科で検査、網膜が50パーセント以上剥がれていた。

すぐ手術をしたが、術後の経過は、よくなく当院に来院。  

その時の症状は、視野が2センチほどしかなく、ガレージのシャッターを少し開けた隙間から見えてる感じ。

たて、よこの歪みがひどく、とくに横のカーテンレールなどのラインは歪みがひどく、いつも

乗り物酔いをしている状態。

目ははれて、真っ赤に充血。

まず、脊髄液の生成を正常にし、

小脳テントの歪みを正常にしていきました。

そしてSBSの側方ストレイン、伸展ストレイン、回旋ストレインが複合していたので、

これらも解除していきました。

今では、視野も正常になり、歪みも全くなくなり、視力まで、元通りに回復しました、

術後の検査時に担当医から、実は、かなり重症だったので、失明するかもしれないと思ってい 

たと言われ、回復がすごいので、学会で発表するのに、承諾のサインを求められたとの事

私の治療の事は、伝えていないので、少し残念な気もするが、

とてもうれしい、印象に残る、治験例の一つになりました。

 

チック症状が1回の施術で完治

久しぶりにチックの治療をしました。

5歳の男児で症状は瞼を強く、閉じる事の頻度が、増えてきているという事で来院しました。

硬膜、とくに大脳鎌の前方の緊張を解放、SBSのストレインを解除、側頭骨の前方変位を

復位させ小脳テントの緊張を解除したところ、一回の施術で、回数が減っていき、

施術後、3週間程で、ほぼなくなりました。

とてもうれしい、治験例の一つになりました。

治る坐骨神経痛には、4つのパターンがあるから、治りずらい

脊椎菅狭窄症でも、分離やすべり症でも、椎間板ヘルニアでも、圧迫骨折にしても、つらく、また、なかなか改善されない症状は腰痛より坐骨神経痛の方が多いですね。
西洋医学的、原因で説明され腰部や臀部、下肢に治療を受けても、臀部から下肢にかけての何ともいえないシビレ感、うずき感が改善していかないのは、腰椎4番、5番の変位、髄核突出による、神経の圧迫、脊柱管の狭窄、仙腸関節の変位、股関節の変位、梨状筋の硬縮、腓骨神経の問題などだけではない場合があるからなんです。                                           
 つらい症状がなかなか改善されないと最後は手術を受る方もいますが、それでも改善されないで逆にだんだん、悪化したりしているケースもあります。

それは診断や治療に間違えがなくても、症状が改善されないという事は、他に原因があるという事になります。

その原因を分類すると4つあります。

1、腰椎5番と4番の変位によるもの(足のうらに何かガムの様なものが、

  付着している感じや、足の甲がわにマヒ感を感じる事が多い)

2、内臓から血管系による症状となって発症しているもの(すい臓、腎臓が

  関係しているケースが多い)

3、中枢神経系から、発症しているもの(強いストレスがあるとおきやすい)

4、腸骨の骨そのものが、委縮して発症しているもの(恥骨が上前腸骨棘方向に委縮している)

これら4つの原因が、一つの場合もありますが、

慢性的なものには、2つも3つも、ときには4つ全部が複合的に原因として発症している場合もあります。

なので、坐骨神経痛は、治りずらいものもあるのです。

ただし、これら4つの原因を正確に見つけ出し、調整すると必ず改善していきます。

諦めないで下さい。

上腹部 心下部 みぞおち 痛みと治し方

腹痛の中では、少ない方ではないかと思いますが、

張った感じの痛みかたでなく、「つかまれている様な感じの痛み」なら

胃のガスが抜けないでいる状態からきている症状である可能性があります。

また、飲食物から発生するガスは、ただ張った感じの痛みで

しかも,みぞおちより少し下部が痛みますが空腹時の胃酸からのガスは

胃が収縮した様な、つかまれている様な感じなので症状的には

結構苦しいという言葉があてはまる感じだと思います。

ひどい時は、背中まで痛くなってくる事もあると思います。

しかし、原因が、このガスが噴門が開かず抜けない状態でのものであれば

ゲップとしてほんの少しでも抜ければ痛みは瞬時に治ります。

これは食生活の乱れ(特に前日夜の深酒や飲食して翌日

空腹時にコーヒーを飲むと、カフェインが肝臓を興奮させて

胃酸過多になりガスが発生しやすくなります)

が原因している場合が多い(強いストレストがかかった時もある)

ので、そちらを改善していかなければ、また再発する可能性があります。

噴門の開き方は簡単です。

右の心兪あたりか胸椎7番の棘側あたりに硬結があるはずなので、

そこを、上手に押したり、引いたりしていると噴門が開いて

ガスが抜けます。(右の心兪は決して強く圧迫しないでください)

自分で治す場合はただ膝を高く上げて、足踏み繰り返すだけです。

200回以上やってもゲップも出ず痛みも治らなかったり

一旦ゲップが出て治っても再発を繰り返すようでしたら、信頼のできる医師に

一度検査を受けたほうが良いと思います。

心下部の痛みは、心臓からの反射痛として発症する場合もあります。

自分でできる腹痛の治し方と検査法

一過性の腹痛は、ほとんどがガスが停滞して発症しているケースが多いですが、

なかには、器質的な疾病の信号として発症している事もあるので、

気軽には、考えない方が良いと思います。

ただ、ガスが影響している腹痛は仰臥位で、臀部に座布団等を敷いて、

胸の高さと、腹部に高さを同じにしてから、軽く押圧していると

グル音とともに、即効で、痛みが治ります。

ガスがよく停滞しやすい場所は、横行結腸の角にあたる

左右2か所ですが、いろいろ軽く押圧してみて

硬く感じる処がありましたら、しばらく押さえたまま

にしてみてください。

ガスだと、グル音とともに、すぐ痛みが取れるはずです。

しかし、器質的な疾病が原因している場合は、痛みが治りません。

つまり、消化器系に病気がある可能性がありますので、

一度、信頼のできる医師に診断をしてもらったほうが良いと思います。

子供の腹痛について覚えていて欲しい事

子供は大人と比べ、とにかく発熱しやすいですし、 

身体のいたる処、痛がる事も多いです。

すべてに敏感なんです。

しかし、上手に対応すると簡単に治る場合も多いんです。

子供の痛みは、上肢でも下肢でもお腹でも、

ほとんどが、ある角度で気持ちよく伸ばしてあげると、

治る事が多いんです。

腹痛も、お腹か背中を上手に伸ばしてあげると即効で

なおるケースが多いです。

腹痛を上手に治すコツは

躯幹の6つの動き(前屈と伸展、左右側屈、左右回旋)を

仰臥位で、可動範囲ギリギリより、少し手前の姿勢をとって

痛みの為、呼吸もセカセカして早くなっている様でしたら

できれば、深呼吸させるようにして

1~3分程そのままにしていると、沈痛してきたら成功です。

ただし、一旦治っても繰り返し発症する様でしたら、

飲食の間違えや、便秘なども解消していかなければなしません。

これらを改善しても、腹痛を発症する様でしたら、

消化系に、器質的な障害がある可能性がありますので、

信頼できる医師に一度診てもらったほうが良いと思います。

足首は万病のモト(自分でできる足首の治し方)

足首が開きすぎたままに、しておくとその歪は全身にどんどん伝わっていき、

いろいろな障害が起きてきます。

人間も重力下では立位の時、建築物と同じ様に、基礎部分の土台に歪が生ずると

その歪が、上部まで波及していきます。

建物でいうと壁にヒビが入ってきたり、ドアの開閉がおかしくなったり

床が傾いてきたりいろいろ、でてきます。

人間の土台は足首から下で、その歪が全身に波及していくんです。

その伝わり方にも一定の法則がありますが、今回は省略させていただきます。

一番多いパターンの治し方をご紹介します。

<脛骨と脛骨が開きすぎている場合>

検査法・・・仰向けに寝て左右の足先を背屈してみて、しずらい側が開いています。

調整法・・・・仰向けに寝て足を左右30センチほど開き、患側のみ

まず指を全部開くように力を入れ、開いたまま、今度は全指の付け根あたりを

さらに、向こうに突き出すようにします。

そして、3秒から5秒たったら、瞬間的にポッと力を抜きます。

そのまま、15秒程経ったら終了です。

もう一度、検査してみて操作前より背屈しやすくなっていたら、成功です。

<腓骨が下がりすぎている場合>

検査法・・・古い靴があれば、患側の靴は外側がとくに磨り減っています。

外膝眼穴が、内膝眼穴より健側に比べ、下がり過ぎています。

調整法・・・伏臥位で、患側の足のみ、膝から直角になる様下腿を上げ、

次に、足先を外方に自然に倒せる処まで倒し、

次に、膝を10センチ程床から上げ5秒程、耐えて 

瞬間的にトンと膝を床に落とします。

足を元に戻して、そのまま15秒程たったら終了です。

外膝眼が、調整前より、上がっていれば成功です。

どちらの操作法も、瞬間的に脱力するのが、成功させるコツです。

上手くいかなければ3回まで、再チャレンジしてみてください。