プロフィール

ごあいさつ

森の宮東鳳院のサイトをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤大明です。

森の宮東鳳院は札幌西区JR琴似駅前で、鍼灸と手技をベースに施術を行なっている治療院です。
鍼灸は日本古来から伝わる漢方と中医学という二つの伝統医学を元に、主に「気」の流れにこだわる診断・治療をしております。 手技は、運動系から眺めて「重心や支点の偏向」異常のある身体のひずみを発見し、治していく方法をとっております。

特に難症だった患者様が治った時は「魔法のようだ」とか「ゴッドハンドみたいだ」などと言っていただくことがございます。 とても嬉しいことですが、ただ長年の臨床経験と日々の努力を元に、正確な診断と施術を心がけているだけです。

赤ちゃんから「寝たきり」の方まで施療を受け付けております。体の不調・痛み・お悩みを抱えている方はお気軽にご連絡ください。


院長 加藤大明

国家資格:はり師、きゅう師
所属団体:北匠会 師範

プロフィール

独自の整体治療に辿り着くまで

20歳の時、どこへ通っても治らなかったひどい腰痛と坐骨神経痛を、自分自身で治した経験から整体に興味を持ちはじめ、医療系の会社に勤めながら、休日や夜間は「技」を磨くべく、無料で施療に没頭。
そうした中、突然の母親の脳溢血を機に、母を救うべく脳卒中の後遺症治療に関しての探究に集中していく。そうして、日本古来から伝わる療術や漢方、中国古来の伝統医学(中医学)など勉強し、実践していくうちに、「境界」と「潜在意識」が病の根源に関係しており、ここをうまく修正しコントロールすることができれば最短、最高、最強の(今のところ)治療法につながっていく事に気がついた。

ポイントは「念」の集中とわずかな刺激

「想いを(思念)」コントロールすれば、ハリでも、タッチでも、整体でも「境界」や「支点」を動かす事ができ、「支点」・「境界」のほうから動けば瞬時に身体のバランスは、快復に向かって整い出す。ポイントは「念」の集中と「わずかな」刺激ということを習得する。このシンプルな治療法に気づくのに15年。
現在は、開院20年 治療延べ数7万人の経験と実績。特に難症の克服には患者様から支持を得ている。また、これまでの臨床経験を次世代へ伝えたいと考え後進の育成にも努めている。

森の宮東鳳院

診療時間 午前
(10:00~12:30)

(12:00~15:00)

(17:00~19:00)
月曜日 休診
火曜日 休診
水曜日 休診 休診
木曜日 休診
金曜日 休診
土曜日 休診 休診
日曜日・祝日 休診 休診 休診
※交通事故および重い症状の患者様につきましては、
9~21時まで日曜・祝日問わずご対応いたします。
所在地 〒063-0841
札幌市西区八軒1条西1丁目1-26
アルファ琴似駅前ビル5F(1Fは札幌八軒一条郵便局)
アクセス JRご利用の方: JR琴似駅より徒歩2分
地下鉄東西線ご利用の方: 地下鉄琴似駅 2番出口より徒歩12分
お車で来院の方: 駐車場あります
TEL 011-615-9005
定休日 日曜・祝日