治せる坐骨神経痛と治せない坐骨神経痛の違い

当院では、坐骨神経痛でお問い合わせがあった場合

必ずお聞きする事が一点だけあります

それは、どんな格好でも、かまわないんですが

その痛みやシビレ感、疼きが楽になる姿勢があるか、ないかという事なんです。

座っていても立っていても、体を斜めにかたむけても

横になっても、とにかく、スーッと楽になる姿勢がとれるなら

自信をもって施療の受付をいたしております。

ところが、どの姿勢をとっても痛みや疼きに変化が

みられず、変わらないという事であれば、

今の私の技量では、根治させる事はできないので

丁重にお断りする事にしております。

それは坐骨神経の出口周辺にあたる腹部や腰、あるいは通り道のトンネルになっている

お尻や太もも、の付け根あたりにデキモノなど組織変性が

形成されている可能性があるからなんです。

また、動脈瘤や大腸の変性によるものもあります。

これらは、同時に血圧も亢進してきやすくなります。

私が治せる可能性のある、姿勢の変化で痛みが軽くなる場合

次の4つの原因が考えられ、これらは私の技量で修復可能なので、

治療予約も受け付けております。。

ただし、慢性化したものは、複合的に関係している場合もありますので、

1回や2回で回復が難しいパターンのものもありますが、  

それでも、根気よく治療していけば、症状は回復していきます。

坐骨神経痛をおこしている原因

1、腰椎4番、5番の変位(足の裏のガムの様なものが、
付着した感じがしたり甲側がマヒしている感じが多い)

2、内臓から血管系による症状となって発症しているもの(すい臓、腎臓が

  関係しているケースが多い)

3、中枢神経系から、発症しているもの(強いストレスがあるとおきやすい)

4、腸骨の骨そのものが、委縮して発症しているもの(恥骨が上前腸骨棘方向に委縮している)

傷病名が、椎間板ヘルニアでも脊柱管狭窄症でも

分離、すべり症、梨状筋症候群でも圧迫骨折でも

姿勢の変化で症状の緩解など、変化がみられる状態でしたら

慢性化したものでも楽になってきます。
そうとうひどい症状でも施術回数はかかっても回復させる事は可能です。

10倍早く治す 「指の切り傷」止血法 治療法 教えます

注目

 

 

みなさーん 指を切ったり、刺したりした事ありませんかー?

薬も使わず、傷口の修復も痛みの消失も

10倍早くなおかつ絶対化膿させない治療法、教えます。

*今、出血している方は、後半と最後に動画で具体的に操作法を紹介しているので

スグ実行してください。

その後に説明もしっかり読んで理解してください。

男性であれば、日曜大工とか車や自転車の修理中に

女性でしたら料理中などで一度は経験あると思うんですけど。

ちなみに私の初体験(切り傷の!)は鉛筆をナイフで削っていて

指まで削ってしまった事が記憶に残っております。

おかげで今では、鉛筆削り(今でもやっております、これが大好きなんです)

はもちろんの事、りんご(皮を途中で落とさずに最後まで剥けます)

やじゃがいもの皮むきも得意となりました。

今はもう大丈夫という方も お子さんがいらっしゃるんでしたら

ぜひ覚えておいてください。

ひょっとしたら将来どこかで人助けにもなるかもしれませんよ。

さて、今まで指を怪我して出血した時どう処置されていました?

もちろん傷が深くて、大量に出血している場合は別にして

傷がそんなに深くないケースの場合ですよ。

一般的には、オキシドールとか

赤チンキとかイソジンとかアルコールなど消毒剤等で

まず消毒しそれからサビオやバンドエイドなんかを傷口に貼って終わり

あるいは出血が止まりにくい時は輪ゴムなどを指にきつめに巻いて止血する。

だいたいこんなパターンじゃないでしょうか?

でも破傷風だとか敗血症に移行するなどの重篤なケースもあるし

少なくても乳癌などで腋下リンパ節などを切除している方

(特に切除後に上肢にむくみが発症したもの)

や老化や慢性病などで抵抗力の弱っている方は小さな傷でも

重症になったりし易いのでぜひ

ぜひこれから教える治療法を覚えておいて下さい。

損はさせません。

ちょっとその前に、ここでクイズを出します。

正しければ〇、間違いは☓です・・・ではどうぞ!

(1)切り傷などで出血したら、傷口からばい菌が入らないように

   消毒液や軟膏などで消毒する。

(2)次にガーゼやティシュを当ててテープで止めておくか

   サビオやバンドエイドなどがあれば傷口にはる。

(3)出血が止まりにくい時は輪ゴムなどで止血する。

(1)は意外にも実はに☓です。・・・その理由は皮膚には最初から外部からの敵(菌やウイルス)

   の侵入を防ぐための酸性のバリアが常在しているのに

それを消毒剤は洗い流してしまう事になるので

かえって敵の侵入(バイキンなどによる感染)を助ける事になるからです。

(水はバリアには影響しないので流水で傷口を洗うのはOKです

というか近くにその環境があれば必ずしたほうがベストです)

(2)は半分〇で半分☓・・・何かに接触した時、傷口が再度開く事への予防にはなりますが

ガーゼでもティシュもバンドエイドも傷口を修復、殺菌する為に滲出して

くる治療用の液体成分を吸収していまうので、かえって治りがその分遅くなるし

下手をすると化膿するからです。

第一、はがす時もくっ付いて痛いでしょ。

(3)半分〇半分☓・・・まず止血という事でいえば上流を塞き止めておけば止血は早まります。

しかし出血してくる血液の中にも殺菌成分(リンパ球や白血球)が含まれ

ているので止血しすぎると侵入した菌などを殺菌できず

菌を繁殖させてしまう可能性が高まるし傷口に向かう血液(動脈血)を

一旦止める事に成功しても帰りの血液も止めてしまえば

かえってうっ血して出血が増える事もあるので止血時間が長すぎたり

締め付けが強すぎたりするとかえって、やっかいな問題になってきます。

つまり輪ゴムなどで止血するよりは患部を圧迫した方が止血対策としては

まだ良い方法だと思いますが、程度の差はあれ、止血まで、ちょっと時間がかかります。

しかも痛みは増加してきます。

だって傷口を押さえるんだから。

それじゃあ、という事で薬も使わず」「痛みもすぐ取れ」

「すぐ止血し」「絶対化膿させない」「治りも10倍以上速い」

魔法の様な治療法を教えたいと思います。

(ただし重度の糖尿病や紫斑病、血栓予防の為の薬を

長期常用されている方などは期待できるほど効果は

でないかもしれませんが、一般的な処置よりはずっと効果があり

予後の経過も良いと思います)

(1)負傷したなら、1秒でも早くその手を拳上(真上に挙げる)し

5本の指同士を着けるようにして細かく振動させる。

(とにかく出血したら 、即拳上して振る事が一番重要なんです)

傷口に汚れがあっても拳上振動する事により動脈と静脈の吻合部において

血流迂回が発生して細菌感染が不可能になるので

後で止血してから水で洗っても全然遅くありません。

止血してすぐに洗うと生体は水分の付着をまた出血したと勘違いして殺菌の為

組織修復の為、また出血し出す事があるので、あわてないで完全に止血してから

汚れを洗ってもぜんぜん大丈夫です。

(2)出血が多いと手を振ると同時に「血」も辺りに飛び散るので

その時はティッシュかなにかで傷口を押さえておいて手を振ってください。

(3)傷が浅ければ、2分から5分で完全に止血し、痛みも止まります。

(4)止血したと思ったら手をさげてみて、出血が再開しないようなら、それで終了です。

まだ止血が不完全な状態で手を下げると痛みも出血も再発してきます。

この場合はまた再度手を挙げて振るだけです。

(5)傷口が深い場合は止血しても、さらに、

その周辺の組織や血管を修復する為に透明な液が出てきます。

この場合はその液がゼリーのように固まってくるまで

手を振り続けなければませんが

負傷側の手を心臓の高さより下げなければ休み

休み行ってもかまいません。

(サラサラの液状のまま手を心臓より下に下ろすと

また出血と痛みが再開してきます)

そしてゼリー状になったら手を下してみて下さい。

出血や痛みがなければ成功です。。

これで終了です。

(6)もし傷口がパックリ開いている場合はセロテープかサランラップなどを

手を振りながら探し、(下げた状態でウロウロ探し廻っているうちに

出血も増加してくるし、細菌感染などで化膿してしまうリスクが高まるので

必ず腕を拳上振動させながら行動してください。

片方の手で傷口を押さえながらでも、いっこうに構いません。

そうして テープなどがみつかれば開いた傷口を閉じるようにうまく巻いて

(この時は振るのは中止してかまいませんができるだけ、

できるだけ心臓より高い位置で作業した方がベターです。)

そしてまた、再び手を振り続けてください。

(傷口は狭い方が浸出液も少ししか出てきませんし固まるのも早いからです)

私の経験では海の岩場でウニを取っていて

岩に付着していた貝で足を5センチ程の長さに深さは骨が見えるくらいの

負傷をした事があるのですが、その時は修復液が固まってくるのに

45分程かかりました(一般的には病院に行って何針かは縫わなければならないケースだと思います)

その後は、そのまま何も貼らずにウニ取りを再開しました。

もちろん痛みも消失していましたし、その後一切化膿もしませんでした。

(傷跡は今でも薄っすらと白く残ってはいます)

振動させるコツとしては手首から先だけをガムシャラに振るのではなく(これでも効果はあります)

腕の根元を震わせる様なつもりで

しかも指先も伸ばしたまま細かく微振動(腕全体を一本の棒の様に振動させる)

させた方がより効果があります。

ムチャクチャ強く振るとかえって痛みが増加したり止血時間も長くなります。

普段から練習しておくといいですよ。

またお子様がいらっしゃる方はぜひ一緒に練習して覚ええておくと

いいと思います。

傷口の深い場合はサランラップなどで保護しておくといいと思います。

(バンドエイドなででもいいけど)止血してすぐ貼ると

出血が再開する事があるので、できれば止血してから

最低30分は経過してから貼るほうが良いと思う。

また、入浴や、皿洗いなど傷口に水が付着するとH2Oの浸透圧の力で

また、出血しだすのでしばらくは気をつけてください。

特に親指と小指は、人差し指、中指、薬指と違って、左右から指で挟まれていないので(外側に指 

が無いので)、傷は、少し治りにくいです。

ですので、親指と小指の切り傷の時は、もう片方の手の親指で怪我をした手の親指付け根外側                                                        あたりを、中指で、

怪我をした小指の外側付け根あたりを軽くおさえて、振ると、止血効果があがります。

オマケ!  この操作は深く刺さった「トゲ」を浮き上がらせる事もできてしまいます。