治せる坐骨神経痛と治せない坐骨神経痛の違い

当院では、坐骨神経痛でお問い合わせがあった場合

必ずお聞きする事が一点だけあります

それは、どんな格好でも、かまわないんですが

その痛みやシビレ感、疼きが楽になる姿勢があるか、ないかという事なんです。

座っていても立っていても、体を斜めにかたむけても

横になっても、とにかく、スーッと楽になる姿勢がとれるなら

自信をもって施療の受付をいたしております。

ところが、どの姿勢をとっても痛みや疼きに変化が

みられず、変わらないという事であれば、

今の私の技量では、根治させる事はできないので

丁重にお断りする事にしております。

それは坐骨神経の出口周辺にあたる腹部や腰、あるいは通り道のトンネルになっている

お尻や太もも、の付け根あたりにデキモノなど組織変性が

形成されている可能性があるからなんです。

また、動脈瘤や大腸の変性によるものもあります。

これらは、同時に血圧も亢進してきやすくなります。

私が治せる可能性のある、姿勢の変化で痛みが軽くなる場合

次の4つの原因が考えられ、これらは私の技量で修復可能なので、

治療予約も受け付けております。。

ただし、慢性化したものは、複合的に関係している場合もありますので、

1回や2回で回復が難しいパターンのものもありますが、  

それでも、根気よく治療していけば、症状は回復していきます。

坐骨神経痛をおこしている原因

1、腰椎4番、5番の変位(足の裏のガムの様なものが、
付着した感じがしたり甲側がマヒしている感じが多い)

2、内臓から血管系による症状となって発症しているもの(すい臓、腎臓が

  関係しているケースが多い)

3、中枢神経系から、発症しているもの(強いストレスがあるとおきやすい)

4、腸骨の骨そのものが、委縮して発症しているもの(恥骨が上前腸骨棘方向に委縮している)

傷病名が、椎間板ヘルニアでも脊柱管狭窄症でも

分離、すべり症、梨状筋症候群でも圧迫骨折でも

姿勢の変化で症状の緩解など、変化がみられる状態でしたら

慢性化したものでも楽になってきます。
そうとうひどい症状でも施術回数はかかっても回復させる事は可能です。

上腹部 心下部 みぞおち 痛みと治し方

腹痛の中では、少ない方ではないかと思いますが、

張った感じの痛みかたでなく、「つかまれている様な感じの痛み」なら

胃のガスが抜けないでいる状態からきている症状である可能性があります。

また、飲食物から発生するガスは、ただ張った感じの痛みで

しかも,みぞおちより少し下部が痛みますが空腹時の胃酸からのガスは

胃が収縮した様な、つかまれている様な感じなので症状的には

結構苦しいという言葉があてはまる感じだと思います。

ひどい時は、背中まで痛くなってくる事もあると思います。

しかし、原因が、このガスが噴門が開かず抜けない状態でのものであれば

ゲップとしてほんの少しでも抜ければ痛みは瞬時に治ります。

これは食生活の乱れ(特に前日夜の深酒や飲食して翌日

空腹時にコーヒーを飲むと、カフェインが肝臓を興奮させて

胃酸過多になりガスが発生しやすくなります)

が原因している場合が多い(強いストレストがかかった時もある)

ので、そちらを改善していかなければ、また再発する可能性があります。

噴門の開き方は簡単です。

右の心兪あたりか胸椎7番の棘側あたりに硬結があるはずなので、

そこを、上手に押したり、引いたりしていると噴門が開いて

ガスが抜けます。(右の心兪は決して強く圧迫しないでください)

自分で治す場合はただ膝を高く上げて、足踏み繰り返すだけです。

200回以上やってもゲップも出ず痛みも治らなかったり

一旦ゲップが出て治っても再発を繰り返すようでしたら、信頼のできる医師に

一度検査を受けたほうが良いと思います。

心下部の痛みは、心臓からの反射痛として発症する場合もあります。

自分でできる腹痛の治し方と検査法

一過性の腹痛は、ほとんどがガスが停滞して発症しているケースが多いですが、

なかには、器質的な疾病の信号として発症している事もあるので、

気軽には、考えない方が良いと思います。

ただ、ガスが影響している腹痛は仰臥位で、臀部に座布団等を敷いて、

胸の高さと、腹部に高さを同じにしてから、軽く押圧していると

グル音とともに、即効で、痛みが治ります。

ガスがよく停滞しやすい場所は、横行結腸の角にあたる

左右2か所ですが、いろいろ軽く押圧してみて

硬く感じる処がありましたら、しばらく押さえたまま

にしてみてください。

ガスだと、グル音とともに、すぐ痛みが取れるはずです。

しかし、器質的な疾病が原因している場合は、痛みが治りません。

つまり、消化器系に病気がある可能性がありますので、

一度、信頼のできる医師に診断をしてもらったほうが良いと思います。

子供の腹痛について覚えていて欲しい事

子供は大人と比べ、とにかく発熱しやすいですし、 

身体のいたる処、痛がる事も多いです。

すべてに敏感なんです。

しかし、上手に対応すると簡単に治る場合も多いんです。

子供の痛みは、上肢でも下肢でもお腹でも、

ほとんどが、ある角度で気持ちよく伸ばしてあげると、

治る事が多いんです。

腹痛も、お腹か背中を上手に伸ばしてあげると即効で

なおるケースが多いです。

腹痛を上手に治すコツは

躯幹の6つの動き(前屈と伸展、左右側屈、左右回旋)を

仰臥位で、可動範囲ギリギリより、少し手前の姿勢をとって

痛みの為、呼吸もセカセカして早くなっている様でしたら

できれば、深呼吸させるようにして

1~3分程そのままにしていると、沈痛してきたら成功です。

ただし、一旦治っても繰り返し発症する様でしたら、

飲食の間違えや、便秘なども解消していかなければなしません。

これらを改善しても、腹痛を発症する様でしたら、

消化系に、器質的な障害がある可能性がありますので、

信頼できる医師に一度診てもらったほうが良いと思います。