治せる坐骨神経痛と治せない坐骨神経痛の違い

当院では、坐骨神経痛でお問い合わせがあった場合

必ずお聞きする事が一点だけあります

それは、どんな格好でも、かまわないんですが

その痛みやシビレ感、疼きが楽になる姿勢があるか、ないかという事なんです。

座っていても立っていても、体を斜めにかたむけても

横になっても、とにかく、スーッと楽になる姿勢がとれるなら

自信をもって施療の受付をいたしております。

ところが、どの姿勢をとっても痛みや疼きに変化が

みられず、変わらないという事であれば、

今の私の技量では、根治させる事はできないので

丁重にお断りする事にしております。

それは坐骨神経の出口周辺にあたる腹部や腰、あるいは通り道のトンネルになっている

お尻や太もも、の付け根あたりにデキモノなど組織変性が

形成されている可能性があるからなんです。

また、動脈瘤や大腸の変性によるものもあります。

これらは、同時に血圧も亢進してきやすくなります。

私が治せる可能性のある、姿勢の変化で痛みが軽くなる場合

次の4つの原因が考えられ、これらは私の技量で修復可能なので、

治療予約も受け付けております。。

ただし、慢性化したものは、複合的に関係している場合もありますので、

1回や2回で回復が難しいパターンのものもありますが、  

それでも、根気よく治療していけば、症状は回復していきます。

坐骨神経痛をおこしている原因

1、腰椎4番、5番の変位(足の裏のガムの様なものが、
付着した感じがしたり甲側がマヒしている感じが多い)

2、内臓から血管系による症状となって発症しているもの(すい臓、腎臓が

  関係しているケースが多い)

3、中枢神経系から、発症しているもの(強いストレスがあるとおきやすい)

4、腸骨の骨そのものが、委縮して発症しているもの(恥骨が上前腸骨棘方向に委縮している)

傷病名が、椎間板ヘルニアでも脊柱管狭窄症でも

分離、すべり症、梨状筋症候群でも圧迫骨折でも

姿勢の変化で症状の緩解など、変化がみられる状態でしたら

慢性化したものでも楽になってきます。
そうとうひどい症状でも施術回数はかかっても回復させる事は可能です。