脳下垂体腫瘍の術後の後遺症が     2回の中枢神経治療で回復する

50代女性。 

だんだんと視野がせまくなり車で左折する時、歩行者を発見しずらくなり、

眼科で検査をうける。

視神経に異常がみつかり、すぐ脳神経外科での検査を受けるよう勧められ

翌日脳神経外科で検査、3センチ大の下垂体腫瘍が視神経に被さり失明寸前の状態。

手術しても、失明の可能性もありといわれる。

術後は、視野は回復するも、目の違和感が、とれず頭の中が砂漠の様で、のどが

常にカラカラになり1日8リットルも水をのまなければならない状態が続く。

体力もどんどんおち、夕方ちかくになると微熱がでてきて、さらにだるくなる。

夜間は、毎日4回は小便に起きるので、熟睡できず当院に来院する。

私の診断は、SBSストレインと骨変性が主原因と診断、側頭骨から、小脳テントの

テンションを正常にしてから、SBSのストレインの解除と骨変性の修復を行った。

すると、施術後、頭の中の乾燥した暑さと、喉の渇きもとれてきて、

水をがぶ飲みしなくてもよくなり、微熱もなくなり、夜間の小便も減って熟睡でき 

るようになる。

施術は2回だけである。